【阿蘇・高千穂・都井岬】を1泊2日で巡る観光モデルコース

旅行
スポンサーリンク

宮崎には「高千穂」をはじめとした神話にまつわるパワースポットや野生馬が暮らす「都井岬」のような大自然を感じるスポットが多く存在します。

魅力的なスポットも多く、どのように回るのが効率的か悩んじゃいますよね。

そこで、今回実際に宮崎に住んでいる方にガイドをしていただいた観光スケジュールをご紹介します。よろしければ宮崎旅の参考にしてもらえるとうれしいです。

この記事を読むのにおすすめなひと

・1泊2日で「高千穂」「阿蘇」「都井岬」まで観光したい方
・宮崎のどこに観光したらいいか悩んでいる方

【1日目のモデルコース】日南海岸沿いをドライブしながら「都井岬」へ
  • 10:30
    『宮崎観光』ホテルを出発
  • 11:10
    縁結びのパワースポット『青島神社』
  • 12:45
    『道の駅フェニックス』で小休憩
  • 13:20
    『えぷろん亭』でランチ
  • 16:00
    『都井岬』の野生馬にご対面
  • 21:00
    宮崎市内ではしご酒『軍鶏隠蔵』・『居酒屋笑喜家』

【1日目のモデルコース】日南海岸沿いをドライブしながら「都井岬」へ

スポンサーリンク

10:30 『宮崎観光』ホテルを出発

宮崎空港から車で15分と好立地な上に「一木一草」のバイキングや日帰りでも楽しめる大浴場「たまゆらの湯」など施設が充実していて「宮崎観光ホテル」にしてよかったです。

おすすめ 宮崎観光ホテルの宿泊一覧はこちら

11:10 縁結びのパワースポット『青島神社』

島全体が境内と言われている「青島神社」。
車は参道入口付近に停め、歩いて向かいます。

橋の入口には神社に祀られている、山幸彦と豊玉姫が恋文をやりとりしたという言い伝えにちなんで設置された「幸せの黄色いポスト」があります。

また、橋を渡りながら国の天然記念物にも指定されている「鬼の洗濯岩」を見ることもできますよ。

電話:0985-65-1262
住所:宮崎県宮崎市青島2丁目13番1号

12:45 『道の駅フェニックス』で小休憩

展望デッキからは「鬼の洗濯板」が一望できます。
階段を5分程降りると干潮時には「鬼の洗濯板」の上を歩けると聞いたのでぐるぐると歩いてみたものの迷子になって気づいたら元のスタート地点に戻ってきてしまうを2回繰り返し諦めました(笑)

見晴らしも良いので、ドライブの小休憩にぴったりです。

電話:0985-65-2773
住所:宮崎県宮崎市内海381-1
営業時間:物産館9:00-17:00/フードコーナー9:00-16:45

1:10 『えぷろん亭』でランチ

海が見えるお食事処『えぷろん亭』。
青島神社に行く時に停めた有料駐車場のスタッフさんが「店内の感じも良くて、若い方に人気だよ」と教えてもらいやってきました!噂通りの素敵なロケーション!
海鮮丼の酢飯にはアクセントに柚子胡椒を使用しているのが気に入ってしまい、宮崎空港でお土産に柚子胡椒を購入するほど美味しかったです(笑)

電話:0985-67-0225
住所:宮崎県宮崎市内海7493

16:00 『都井岬』の野生馬にご対面

宮崎旅行で1番来たかったスポット『都井岬』へ。

当日は急遽「野生馬ガイド」の30分コースをお願いしました。

300年前から人の手を借りずに生きてきた野生馬だから生まれてから1年間の間に半数が生きれないなど…Instagramで見ていた1枚の写真からは知りえない、ここにいる「野生馬」の歴史や生活を教えていただきました。
都井岬を帰るころには馬の見方も変わりガイドをお願いして本当に良かったです。

都井岬はロケットの打ち上げが見えたり、夜は星が綺麗なんだとか。
またゆっくりお邪魔したいスポットです。

▼都井岬観光交流館 PAKALAPAKA
電話:0987-27-3477
住所:宮崎県串間市大字大納42番地3
料金:野生馬ガイド30分 1人600円

21:00 宮崎市内ではしご酒『軍鶏隠蔵』・『居酒屋笑喜家』

軍鶏隠蔵

お夕飯に悩んでいたところ、ホテルの方に紹介していただいたのが『軍鶏隠蔵』。

「軍鶏」と言えば「炭火焼!」だそうで名物「地頭鶏炭火焼」と世界一を受賞した「宮崎ひでじビール」をいただきました。
自家製の柚子胡椒との相性が良い!


「ひでじビール」はお土産に買って帰りたいと考えていたので、試しに1本注文したところ、和栗が渋くコーヒーっぽい味でわたしは少し苦手でした(コーヒーは大好きなんですが)

お土産の前にご飯屋さんで自分も試してみるのは安心してお渡しできるので良いですね。

電話:宮崎県宮崎市中央通8-12
住所:0985-28-4365

居酒屋笑喜家

宮崎名物が豊富な『笑喜家』では「鳥刺し」と「レタス巻き」を注文。

鶏肉をお刺身として食べるのは宮崎県と鹿児島県の食文化のようで、独自の衛生基準でこの2県でのみ食べることができるようです。知らなかった!
宮崎ではお店でテイクアウトして食卓に並ぶのは当たり前らしい。

先ほどの『軍鶏』では食中毒の観点からか鳥刺しを食べたことがない人への提供をされていなかったので、こちらでいただきました。
不思議な感覚がありながらも、美味しかった~。

電話:0985-23-9608
住所:宮崎県宮崎市中央通8-13 松田ビル1F
【2日目のモデルコース】 「高千穂」・「阿蘇」の大自然を巡る
  • 8:00
    『宮崎観光』ホテルを出発
  • 10:15
    『高千穂あまてらす鉄道』105メートルのスリル満点旅
  • 12:00
    日本神話に登場する『天岩戸神社』・スピリチュアルな『天安河原』を巡る
  • 13:20
    マイナスイオンを浴びる絶景『高千穂峡』でボートに乗る
  • 14:20
    『そば処 銀橋』でランチ
  • 16:00
    壮大な自然に癒される『南阿蘇・草千里ヶ浜』へ
  • 20:30
    『居酒屋はせ川』で乾杯

【2日目のモデルコース】 「高千穂」・「阿蘇」の大自然を巡る

8:00 『宮崎観光』ホテルを出発

おすすめ 宮崎観光ホテルの宿泊一覧はこちら

10:15 『高千穂あまてらす鉄道』105メートルのスリル満点旅

トロッコで廃線になった高千穂駅の鉄道線路の上を走れるの!
トンネルを抜けると高千穂鉄橋最高地点高さ105メートルでトロッコが止まりそこから眺める景色はスリル満点!立つのが怖くて上手に写真が撮れなかった~(笑)
車掌さんの楽しいアナウンスも名物のようです。

電話:0982-72-3216
住所:宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1425-1
所要時間:30分
料金:高校生以上 1,500円 / 小・中学生 900円 / 未就学児 500円

12:00 日本神話に登場する『天岩戸神社』・スピリチュアルな『天安河原』を巡る

天岩戸神社

『天岩戸神社』では、太陽の神様「神天照大御神(あまてらすおおみかみ)」がお隠れになられた天岩戸(あまのいわと)という洞窟を見ることができます。
太陽の神様である、あまてらすおおみかみが隠れてしまうと世の中が真っ暗になり、食べ物が育たなくなってしまったりと大変なので、大勢の神様が岩の前でいろいろなことをして、あまてらすおおみかみがでていただくことができたと言われているそうです。

9:00~16:30の間は30分おきに、神職さんが「天岩戸」についてガイドをしてくれます。

天安河原

あまてらすおおみかみが天岩戸にお隠れになった際に八百万の神様がここの河原に集まり相談をされたんだとか。
石積みをして願いごとをすると願いが叶うそうで、洞窟に向かう道中のたくさんの石積みからはなんとも言えないパワーを感じ、鳥肌が立ちました…。これがクチコミで見た「不思議」・「スピリチュアル」の所以なのかもしれません。なぜか撮影してはいけない気がして写真は撮りませんでした(笑)

電話:0982-74-8239
住所: 宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸1073番地1
所要時間:20分
営業時間:8:30-17:00

13:20 マイナスイオンを浴びる絶景『高千穂峡』でボートに乗る

日本の滝百選に指定されている「真名井の滝」は近くから見ると大迫力!
ボートはすごく混んでいてこの日は1時間待ちでした。
チケットを購入して時間までお出かけをしていてもOK!
ただし事前予約もできるのでスケジュールが決まっている方は予約をしていくのがおすすめ

電話:0982-73-1213
住所:宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井804 高千穂町観光協会 観光案内所
所要時間:30分
営業時間:8:30-17:00(※最終受付16:30)
料金:平日4,100円 / 休日・祝日・繁忙期5,100円

14:20 『そば処 銀橋』でランチ

高千穂ボートの近くにあり地元の人も通う「そば処 銀橋」さんで遅めのランチ。
わたしは肉そばを注文しましたが「夜神楽そば」がおすすめのようです。

16:00 壮大な自然に癒される『南阿蘇・草千里ヶ浜』へ

雄大な土地に放牧された馬と、まさに牧歌的な風景に癒されました。
都井岬の馬に比べるとお腹がふっくらしてるのも特徴的で面白い!

トレッキングも行われているようなので、緑が鮮やかな時期にまた訪れたいです。

電話:0967-34-1600
住所:熊本県阿蘇市 草千里ヶ浜

20:30 『居酒屋はせ川』で乾杯

繁華街の中にあり「はせ川」と書かれた提灯が目印。

「ディープなお店!」とひとりだったら、戸を開くのに勇気がいったものの、中に入れば同年代の店主が気さくに迎え入れてくださり、とても居心地が良かったです。
創作料理はどれも美味しく、地元の方がくるようなアットホームな雰囲気を体験できました。

宮崎の移動手段は?

宮崎は広いので圧倒的にレンタカーがおすすめ!

今回、わたしたちは「宮崎観光ホテル」に連泊していたので、レンタカーを「宮崎空港」からお借りしました。

車種や乗車人数によっても、料金が異なるので一概にココがおすすめとは言いにくいですが「免責補償」「禁煙」「軽・コンパクト車」の条件で安かったJネットレンタカーにしました。

他にも、楽天であれば楽天ポイントが貯まるので自分たちにあったレンタカーを探してみてくださいね。

おすすめ 楽天ポイントが貯まる!レンタカーの予約はこちらから

「高千穂」「阿蘇」「都井岬」を1泊2日で巡るコースはいかがでしたでしょうか。
少しでも宮崎旅行のご参考になればうれしいです。

タイトルとURLをコピーしました